有限会社松永和廣設計事務所
http://www.matsunaga-sekkei.com/

和CAFE茶楽

駐車場の整備とカフェの空間を増設する改修工事を行いました。

駐車場については道路側の既存建物を解体し、そこに整備しました。
改修後1















内部については旧冷蔵庫の中をカフェ兼ギャラリーに改修し、
手前の拝見場もレトロな雰囲気にイメージチェンジをしました。
カフェ兼ギャラリーの床板は既存の松材をそのまま利用しています。
杉板と漆喰と色ガラス・アンティーク照明が大正ロマンを感じさせます。

改修後6













改修後7















改修後3















工事開始です

昨年より、準備を重ねてきた、清水区内の古民家改修工事がいよいよ始まりました。
IMG_6552















↑工事前写真(調査中)

IMG_7543IMG_7512









これから、約4か月、夏まで工事を行います。


IMG_7508















昔のリフォームで隠れてしまっていた梁も姿を現しました。
今後は、誰もが目を引く存在となることでしょう。

乞うご期待です!!

掲載されました

12月に取材を受けました、すろーかるが発行され、1月号に掲載されました。
松永和廣設計事務所さま (1)





























見かけた方は是非!!

また、4月からは偶数月にささやかではありますが、連載を始める予定ですので、そちらもご覧ください。

本年も宜しくお願い致します。

昨年は大変お世話になりました。

本年も、何卒宜しくお願い致します。

DSC_0028













↑初めてかもしれない、全員集合写真を昨年は撮りました。

取材受けました

12月2日
本日は、先月お引渡しを致しました、森邸にて、すろーかるの取材及び撮影を行いました。
DSC_0036














この記事は1月号のすろーかるへ掲載予定となっております。
見かけの際には是非、お手にとってみて下さい。



カトリック清水教会

10月28日(土) カトリック清水教会にて、たてもの文化倶楽部様主催のイベントがあり参加してきました。常葉大学の土屋和男先生の講演と、ステンドグラス作家の川本様のお話と、清水フィルのメンバーによる演奏会という内容でしたが、たくさんの方が参加されていました。教会は保存か建て替えかで揺れていますが、この素晴らしい建物が何とか残る方向に進んでもらえればと願っています。

20171028-たてもの文化倶楽部イベント

アルム珈琲店

DSCN7006






















12年前にやらせていただいた金谷のアルム珈琲店の客席が増えました。
北側の庭を望むカウンター席は奥に入り込んだ落ち着いた雰囲気です。
今回は、外壁と内部腰壁に黒いレンガを貼りました。
床は敢えてのコンクリート直仕上げに目地切を施しましたがなかなか
良い雰囲気です。

DSCN6867

古民家再生中です

現在弊社では、菊川にて、お施主様と二人三脚で、築250年程度の古民家を改修中です。

IMG_0022












腐食が進んでしまった床は、全て撤去し、新しい物へと、入れ替えていきます。

IMG_3327IMG_3592








そして、壊れた壁は職人さんの指導の下、お施主様も一緒になって塗っていきます。

IMG_4227IMG_4228















後、少しで完成。
ちなみにお施主様は現在、職人さんに教わった、タイル張りに挑戦中です。

<聖一国師顕彰事業「水磨様」の基本設計を終えて>

弊社で静岡市農政課より業務委託されました

聖一国師顕彰事業「水磨様」の基本設計の業務が昨年度末に終了しました。

この業務は聖一国師が南宋から持ち帰った製粉工場の画を元にその製粉工場を

再現し、静岡市の情報発信に寄与しようとするものです。

すでにご覧になられ方もいらっしゃるかもしれませんが駿河区役所のロビーに

ペーパークラフトとしてその模型が展示されていました。

今回はその発展形としてよりリアルに木製模型として再現するための調査

及び基本設計図作成を行ったものです。

わずかな資料から構想を広げて、また多くの方の知恵をお借りしてすすめました。

文献資料の調査に加え、水車の実物(製粉工場として動いている施設)も見学する機会も

あっても楽しく進めることが出来ました。この場を借りてご協力してくださいました

多くの方々に厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 

                     松永和廣設計事務所

                            担当 岡部光政聖一国師聖一国師2

移築物件 建て方始まりました

この日の為に事前に加工された多くの材料と共に、浜松から運ばれた古民家がいよいよ、静岡にて組み上げられます。
DSC_0076











当時に建てられた時と、同じ順番で材料を合わせて行く作業は、とても時間が掛かりますが、組みあがった時の達成感はとても良い物です。

IMG_4089















屋根の形が出来るまで約3日間。

DSC_0087












天候にも恵まれ、無事建前を完了させることが出来ました。
そして、これから約4か月、工事が続いていきます。

IMG_4138

最新コメント