有限会社松永和廣設計事務所
http://www.matsunaga-sekkei.com/

昔ながらの道具について

前回「空鉤」の紹介に続き、第二弾は予告通り「自在鉤↓」を紹介します。
IMG_3361


自在鉤の特徴は吊るした鍋や鉄瓶が自由に上下にできること。これで火加減を調節します。

名前の由来は自在に上下する!! だから「自在」鉤。

だから、上下しないものは「吊るし鉤」

自在鉤1つとっても、さまざまな種類があります。

興味のある人は一度、調べてみてはどうでしょう?

大塚

さてこれは何でしょう?

はじめましてこれからよろしくおねがいします。
さてこれは何でしょうか?
回答は次回です。
お楽しみに!

20121120


岡部

もうすぐ冬

ようやく秋が来たと思ったらもう冬の気配です。
010

古屋

昔ながらの道具について


突然ですが。私たちの事務所には目利きの所長が選んできた、さまざまな古民家で使う道具や器具が、全国から送られてきます。

そういうわけで、今、事務所に置かれている歴史ある道具たちを少しずつ紹介していきたいと思います。

第一弾目はコレ↓
IMG_3268
名前は「空鉤(そらかぎ)」といい、囲炉裏の一番上に取り付けそこから自在鉤(次回解説)→鉄瓶等の順に吊るしていきます。

ちなみに、これは高さ55㎝ 横幅50㎝ 一人で運ぶにはちょっと重たいかも…

いつかこんな立派な空鉤が似合う建物を設計してみたいです。

大塚

今日からブログの更新をはじめました

なかなか始められなかったブログの開設ですが、本日から始めることになりました。

これから、松永設計の出来事を配信できればと思っています。

よろしくお願いします。

最新コメント