有限会社松永和廣設計事務所
http://www.matsunaga-sekkei.com/

蔵 組み立て開始です(2日目)

組み立て工事(2日目) 
本日はいよいよ、正面に造られていた土の扉を、設置します。

まずは横倒しになっていた扉に、厳重な補強を入れ、起こしていきます。

IMG_8189










そして、建物の上を越え、決められた位置まで、運んでいきます。
ちなみに、この扉。総重量が約8・5トンもあり、職人全員、固唾を飲んで見守ります。

IMG_8197

IMG_8205






























丸一日を掛け、工事最大の難所を無事に乗り越える事が出来ました。

蔵 組み立て開始です

本日より、蔵の再建工事が始まります。

最初に解体前と同じ高さに造られた基礎に土台を設置していきます。

IMG_8135









土台のつなぎも当時の物を可能な限り利用します。
何十年もの歳月が経ってもぴったりと組み直せる所に、当時の職人さんの細やかさを見る事が出来ます。

DSCN9209IMG_8142










柱も元あった場所へ正確に戻されていきます。
DSCN9216























本日の作業はここまで。
まだまだ沢山の材料が組み上げられるのを待っています。IMG_8167

運搬が始めりました

秋田県で解体が終了した蔵の運搬作業が始まって参りました。
IMG_7832
















 これから、何回かに分け、大量の材料が、運ばれてきます。

IMG_7912 
















↓ 前回紹介した、蔵の扉も そのままの状態で無事到着する事が出来ました。
IMG_7931
















さて、いよいよ次回は、蔵の組立作業に入ります。

『リカーランドマツナガ』 リニューアルオープン

『リカーランドマツナガ』さんがリニューアルオープンしました。
IMG_4983IMG_5327








酒屋として営業してきました店内に、試飲スペースを設け立ち寄りやすい空間をつくりました。
立ち飲みのカウンターには松の一枚板を、中央の家具やペンダント照明などはアンティークのものが使われ、正面には他では見られない格子がデザインされています。
ぜひ一度足を運んでみて下さい。
表紙BlogPaint

蔵 解体進行中です

静岡に移築されることが決まった、秋田県の蔵では、現在解体工事が進行中です。
IMG_7365











IMG_7304IMG_7334








現地の職人さんたちによって、丁寧に解体が進んでいます。

IMG_7366





←この漆喰戸もこのままの形で梱包され、静岡まで運搬される予定です。

ヨガ教室がオープンします。

昨年から今年にかけ、2回に渡って工事を行いました物件がこの度、ヨガ教室としてオープン致します。
清水区淡島町に有る昭和元年に造られた建物の中で、一度心身をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

また、ヨガ教室としてだけでななく、貸し会場としての利用も可能となっております。
詳しく下記チラシに記載されているHPをご覧ください。

URL  http://sakuraminca.jimdo.com
                     大塚  
チラシ





































  お施主様より↓
桜橋mincaでのヨガは、若い方からご年配の方まで、どなたでも行っていただけるものです。お一人おひとりの体の状態にあわせて行うものになりますので、初めてのかた、体がかたいかたでも、お気軽にお越しください。

桜橋mincaでは、ヨガレッスン以外の時間帯、レンタルスペースとしてご活用いただけます。キッチン、はなれ、庭も広く、2階もご利用いただけます。
秋の読書会、お食事会、セミナー、ものづくりの会、お茶会等々、多目的にご利用くださいませ。
優雅で解放感のある、貴重な古民家を人との繋がりと場として、ぜひ御利用下さい。

【お問合せ先】
090-2336-0847(かねこ)
電話でもメールでもお気軽にお問い合わせください

 

秋田県 移築物件視察

花火で有名な、秋田県大曲市へこれから静岡県に移築が計画されている蔵の視察へ訪れました。
DSCN6934DSCN6937























幾度の豪雪や大地震も耐え抜いた、巨大な蔵は、これから移築に向け、解体が始まります。

日月倶楽部 新築工事

2015年4月、滞在・体感型の施設、日月倶楽部がOPENしました。
建設場所は、富士山麓に広がる朝霧高原、富士箱根伊豆国立公園内にあり、豊かな自然環境、景観を有しています。
富士山麓の希少なロケーションにて「自然欠乏症候群」を解消するきっかけの場としています。

IMG_1786







2014年9月に建設工事着手、レストラン棟、浴場棟、コテージ棟Ⅰ、コテージ棟Ⅱを建設しました。

・陽の家≪レストラン棟≫
陽の家は静岡市のT社が所有していた材料を譲受け、移築・再生しました。
静岡市にあるT社は昔所有していた古民家を解体し、柱、梁など古材を大切に保管してありました。その材料を譲受け、さまざまな手を加え2014年10月に移築、2015年4月に竣工しました。
この建物がいつ建てられたのか、資料などは残っていませんが、大工さんが材料の作りを観て今までの経験からおおよそ150年くらい前だと推定されます。
大黒柱(欅)、梁(地松)、差鴨居(地松)などそのまま再利用しています。IMG_2335
IMG_2337






T社旧所有古民家 当時解体写真

IMG_2429IMG_2198IMG_2209






陽の家 竣工写真(日月倶楽部)

・花の家≪浴場棟≫
花の家は焼津市のH様所有の蔵を解体し、移築・再生しました。
この蔵は大正十二年四月(1923年4月)に焼津市に建てられ、築92年になります。
柱(杉)、梁(欅)、差鴨居(松)などそのまま再利用しています。
古材はとても良い状態であり、大工さんの手により1本づつ大切にバラシ、2014年9月に移築、2015年2月に竣工しました。
入口の敷石や屋根の瓦まで再利用できるものは大切に移設し再利用しています。

DSCN3585bDSCN3573






H様旧所有蔵 移築前写真

IMG_2091IMG_2109IMG_2106






花の家 竣工写真(日月倶楽部)

風の家≪コテージ棟Ⅰ≫ ・緑の家≪コテージ棟Ⅱ≫
メゾネット型の宿泊施設になります。
1階に板の間と水周りが配置され、2階に寝室となっています。
天井と床には無垢の杉板を使用し、壁は漆喰仕上げです。
自然素材で調湿効果に優れた材料を使用しているため、体に優しく、リフレッシュできる建物となっています。
富士山頂から駿河湾までを一望できるお部屋や、富士山の左右の稜線を眺めるお部屋など、富士山の雄大さを体感できる配置となっております。

IMG_2131IMG_2231






風の家・緑の家 竣工写真(日月倶楽部)

こだわりの家

久しぶりの更新となります。

今回から、何回かに分け先月お渡しをした、焼津の物件を紹介していきます。
2年以上の月日を経て、作られたこの建物は現在もなお、お施主様の手により進化を続けています。
見所が満載のため、出来るだけ小出しに紹介していこうかと思います。

一回目は、照明器具のスイッチです。
とは言っても、普段はお目にかかる事がないものばかりです。

IMG_3796IMG_3560



































ヨーロッパ・アメリカ・日本など、各国で使われていたものを、部屋の雰囲気に合わせて取り付けていきます。
どのスイッチも個性的で、現在でも使えることに驚きです。

大塚

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

最新コメント