2015年4月、滞在・体感型の施設、日月倶楽部がOPENしました。
建設場所は、富士山麓に広がる朝霧高原、富士箱根伊豆国立公園内にあり、豊かな自然環境、景観を有しています。
富士山麓の希少なロケーションにて「自然欠乏症候群」を解消するきっかけの場としています。

IMG_1786







2014年9月に建設工事着手、レストラン棟、浴場棟、コテージ棟Ⅰ、コテージ棟Ⅱを建設しました。

・陽の家≪レストラン棟≫
陽の家は静岡市のT社が所有していた材料を譲受け、移築・再生しました。
静岡市にあるT社は昔所有していた古民家を解体し、柱、梁など古材を大切に保管してありました。その材料を譲受け、さまざまな手を加え2014年10月に移築、2015年4月に竣工しました。
この建物がいつ建てられたのか、資料などは残っていませんが、大工さんが材料の作りを観て今までの経験からおおよそ150年くらい前だと推定されます。
大黒柱(欅)、梁(地松)、差鴨居(地松)などそのまま再利用しています。IMG_2335
IMG_2337






T社旧所有古民家 当時解体写真

IMG_2429IMG_2198IMG_2209






陽の家 竣工写真(日月倶楽部)

・花の家≪浴場棟≫
花の家は焼津市のH様所有の蔵を解体し、移築・再生しました。
この蔵は大正十二年四月(1923年4月)に焼津市に建てられ、築92年になります。
柱(杉)、梁(欅)、差鴨居(松)などそのまま再利用しています。
古材はとても良い状態であり、大工さんの手により1本づつ大切にバラシ、2014年9月に移築、2015年2月に竣工しました。
入口の敷石や屋根の瓦まで再利用できるものは大切に移設し再利用しています。

DSCN3585bDSCN3573






H様旧所有蔵 移築前写真

IMG_2091IMG_2109IMG_2106






花の家 竣工写真(日月倶楽部)

風の家≪コテージ棟Ⅰ≫ ・緑の家≪コテージ棟Ⅱ≫
メゾネット型の宿泊施設になります。
1階に板の間と水周りが配置され、2階に寝室となっています。
天井と床には無垢の杉板を使用し、壁は漆喰仕上げです。
自然素材で調湿効果に優れた材料を使用しているため、体に優しく、リフレッシュできる建物となっています。
富士山頂から駿河湾までを一望できるお部屋や、富士山の左右の稜線を眺めるお部屋など、富士山の雄大さを体感できる配置となっております。

IMG_2131IMG_2231






風の家・緑の家 竣工写真(日月倶楽部)