既存建物の昔ながらの良さはそのまま残し、現地再生しました。
屋根の銅板一文字葺きや、縁側の掃出し木製ガラス戸、雨戸の戸箱材料には少し手を加えて再利用しています。
外壁には焼杉板を張っており他ではなかなか観ることが出来ない仕上がりとなっております。

CIMG0610CIMG0621CIMG0613 焼杉












内部の床は杉板・楢板張り、天井は杉板張り、壁は漆喰塗り仕上げとなっており、自然素材のあたたかい空間となっております。
372表紙










               
工事前                      工事後