こんにちは。
皆さんは静岡市清水区に素晴らしい教会が残っているのを知っていますか?
82年前に建てられた教会ということで、耐震性を不安視する声などがあがり、
取り壊して新築するか、補強して残すのか議論が出ています。
これまでにも何度か調査は行っているとのことですが、歴史的価値のある建物ですので、
再度調査を行い、この教会の存続について検討していくこととなりました。
随時、こちらで状況をお伝えできればと考えています。



●カトリック清水教会とは?

[建物概要]
住所     :静岡市清水区岡町1-34
献堂年   :1935年(昭和10年)
構造/規模 :木造/平屋建一部2階建
床面積   :約198㎡
設計者   :不明(フランス人のドラエ神父の尽力により完成)
特徴     :ゴシック様式の尖塔アーチ、リブヴォールト天井
         内部の白漆喰仕上と色ガラスによる光の演出
         正面に聳える2本の鐘楼
        

外観01外観02-正面内観01




<現地調査、構造検討について>

●2月に計4回の調査(屋根裏や床下など)を行いました。

●現在、現地調査をもとに図面を作成し、保存に向けての補強計画の検討をしています。